名古屋風景
マンション管理Q&A

マンション管理について、お客様からよくいただくご質問を選出してお答えします。
分からないことなどがありましたらご気軽にお問い合わせください。

管理組合について
Q.
管理組合と自治会との違いは何ですか?
A.
管理組合は区分所有者の団体であり、管理対象物の維持管理を目的とした組織です。これに対し自治会は町内会とも呼ばれており、同じ地域に居住する住民の互いの交流を図るとともに地域生活の向上を目的とする自治組織です。
Q.
管理費と修繕積立金の違いは何ですか?
A.
管理費は主にマンションの日常運営に必要な費用で、修繕積立金は長期の計画に基づいた建物や設備の維持管理に必要な費用です。基本的に別会計で処理しています。
Q.
ペット問題に関しての対応策は?
A.
マンション内でのペット飼育者は増えており、管理組合にてルール化することを薦めています。共同生活する上で、ペットが苦手という方もいらっしゃるので、皆様が快適な共同生活を送るためにもルールが必要です。

工事について
Q.
建替えの制度とは?
A.
建替え事業は、2002年12月に成立した区分所有法にて大きく改正されました。
これまで建替え決議を行う場合にトラブルの原因となっていた「老朽、損傷、一部の減失その他の事情に照らし、建物がその効用を維持し、または回復するのに過分の費用を要するに至ったとき」という客観的な要件が廃止されました。また、同時に「同一の敷地に」「主たる使用目的を同一とする」との要件も廃止されました。よって5分4以上の議決要件だけで建替え決議が成立することになり、よりスムーズに建替え決議が行われるようになりました。
さらにマンション建替えの円滑化等に関する法律も制定され、建替え決議後の手続きやルールを定めることにより、さらに具体的かつスムーズに建替えが行われるような環境となりました。
Q.
長期修繕計画とは?
A.
長期修繕計画書は、マンションの羅針盤です。案を作成する管理会社の能力や経験に大きく左右されることとなります。管理会社を選定の際に、この作成能力を見極めながら選ぶと良いと思います。

一般的な管理について
Q.
自宅の玄関に専用の防犯カメラを取り付けてもよろしいですか?
A.
ドアの前は共用部分になりますので、個人的なものを取付けることは禁止されています。但し、管理組合が主体となって共用部への防犯カメラや人感センサーライト等防犯設備の設置が可能です。
Q.
ピッキング被害の対策を教えてください。
A.
対策としては、補助錠の設置とシリンダー交換があります。補助錠の場合は共用部の変更となりますので、管理組合の承認を取得した上で補助錠を設置することになります。シリンダー交換は外観上の大きな変更がない場合は個人にて交換が可能です。オートロック設置のマンションは鍵がお部屋の鍵とオートロックの鍵の2本となってしまいます。
Q.
騒音問題の対応策は?
A.
当事者同士で話合いすることが最適の問題解決です。上下階の騒音問題は住人により感じ方が異なってくるので、非常に難しい問題です。第三者(管理組合等)に立ち会ってもらい、相談するのも一つの方法です。
マンションは共同住宅ですので、日頃のコミュニケーションを図ることにより、問題解決の糸口を見つけましょう。