名古屋風景
管理会社の選び方
Point 1

一概に管理会社といっても様々な種類があります。その中から、管理組合様、オーナー様のご希望にあった管理会社を選びましょう。

■ハウスメーカー系・・・・・・
建物・設備管理を得意とする
■デベロッパー系・・・・・・・
建物・設備管理を得意とし、
事業全般に関するノウハウが豊富
■仲介会社系・・・・・・・・・
入居者募集や入居者管理に強い
■コンサルティング会社系・・・
効率的な賃貸事業を行うためのサポートに強い

上記のように系列によって得意分野が異なります。事前に管理会社の経営母体も意識的にチェックしておくとよいでしょう。


Point 2

管理会社とは、近いようで遠い存在です。実際に接点があるのは、担当者や管理員または清掃員です。普段生活をしている限り実態を知ることのできない管理会社を選ぶ上で、どのようなことに重点を置いて選べば良いのでしょうか。

1.会社全体がその地域の情報に詳しく、雰囲気が良いか
2.担当社員が親身になってなって対応してくれているか
3.その会社とお付き合いをしている管理組合様、オーナー様は満足しているか
4.めまぐるしく変わる世の中の動向・情勢に対応できているか

このようなことに気をつけ、管理会社を選択すると良いでしょう。ですが、管理会社の良し悪しは実際に付き合ってみなければ分からない点が多く、実際にどのような管理が行われているか、その管理が適切なのかそうでないのかなど、事前の判断がとても難しいことも事実です。上記の事項をふまえた上で管理会社を絞り、本当に良い管理会社を選びましょう。


Point 3

管理会社を選ぶ上で、気をつけなければならない点がいくつかあります。以下のことに注意をして選びましょう。

1.見積もりが異常に安い

何事も安いに越したことはありませんが、契約さえとってしまえばこちらのものと、激安な見積りで契約をとりにくる会社もあります。余りにも安い場合は疑ってください。管理会社の中には月々の費用を安く抑え格安なイメージを作り、大規模修繕等の工事でガッチリ利益を得るという計算をしているところもあります。表面上の価格に惑わされず、各項目・契約内容をよく確認し、その上でもっとも安く安心できる会社を選ぶべきでしょう。

2.担当者がよく替わる

管理会社の中には、人の出入りが激しい所もあります。担当者がコロコロ替わるということはマンション住人の迷惑となります。担当者同士の十分な引継ぎがされていないないパターンも多いので、マンション住人と担当者との間で数ヶ月ほど混乱が続くことも珍しくありません。担当者のよく替わる会社は社員のモラルも低いので、管理の質もあまり期待できません。


最後に

上記の3つのポイントを色々と注意していても、管理会社を選ぶには迷いが生じてしまいます。迷ったときは、管理会社の担当者と会って、波長の合うところにすることをお薦めします。